巣鴨地蔵通り商店街(東京)

目的

若年客集客と訪日外国人観光客対応

設置場所

商店街 アーケード上に設置 〒170-0002 東京都豊島区巣鴨4-22-8

設置機器

FGN1000PoE 3台
Rucks T300 6台

カバー面積

~ 5,000 ㎡

平均来場人数/月

1,000 ~ 5,000名

導入時期

2017年10月

導入に要した期間

1ヶ月

導入目的

近年、外国人観光客が巣鴨にまで流れてくるようになり、本格的にインバウンドを商店街全体で意識し始めてきました。同時に、多くのメディアが商店街を取り上げるようになった影響で、これまでは客層の多くが年配者だった商店街に若年客も増えてきました。「外国人」と「若年層」をターゲットに何かできることはないか、と考えたときに、その両者に一致するのが「Wi-Fi」でした。

特徴

弊社の独自ルータであるFGN1000PoEを認証ルーターとして200mに1台の間隔で設置しました。長距離型アクセスポイントには、コントローラー機能を搭載した高性能機器を使用しております。
800mの商店街をWi-Fi化するためには、基本的に大規模な工事と機材が必要です。
しかし、無線中継機能を有するアクセスポイントを駆使することで、低コスト、低ランニングでの導入を実現いたしました。
全長800mすべてでWi-Fiを利用可能となっております。

お客様の声

路面店の人たちからの評判はとてもいいです。商店街全体でWi-Fiが使えるため、非常に助かっています。店長たちは年配者が多いため、外国語に苦手意識があり外国人に話しかけられるとどうしても困った顔をしてしまうことがありました。しかし、「Wi-Fiがあります」というステッカー等を店頭に貼るだけで「外国人歓迎!」という意味になりますので、そういった点でもWi-Fiを入れたことによる効果はあったと思っています。

多くの自治体様や宿泊施設様、店舗様から問い合わせ頂いております。
こちらの事例について詳しく知りたい方は下記よりお問い合わせください。

お問い合わせ

関連する導入事例

  • 浅草仲見世商店街(東京)

  • 麻布十番商店街(東京)

  • 巣鴨地蔵通り商店街(東京)

  • オレンジ通り商店街(東京)