青木バス株式会社

目的

高速バスフリーWi-Fi化

設置場所

本社:三重県松阪市 (三重・名古屋~東京、横浜、仙台、金沢)

設置機器

FGN1000LTE 12台

カバー面積

~ 5,000 ㎡

平均来場人数/月

100 ~ 1,000名

導入時期

2018年1月

導入に要した期間

1ヶ月

導入目的

高速バスの無料Wi-Fiのニーズが高まってきたため、Wi-Fi設備を導入いたしました。

特徴

三重・名古屋から本州主要都市をつなぐ「あおぞらライナー」の各車両へ当社Wi-Fi端末を搭載しています。網ポケットのなかに用意された案内チラシを参照することで、簡単3ステップの登録でWi-Fiを利用することができます。
長距離を走ることにより、乗車時間が大変長いバスのため、動画やアプリのダウンロードなど、お客様にはさまざまな用途で利用して頂いています。

多い日では1日の利用者が100人にのぼるケースもあります。また、利用者の3割は外国人であるということもわかっています。

お客様の声

昨今のバス社内での快適な無料インターネット環境(Free Wi-Fi)のニーズに応えるため、2017年夏ごろから検討を開始しました。当初はポケットWi-Fiでのサービス提供を検討しましたが、通信容量の制限や、同時接続人数の許容を考慮し、ファイバーゲートの「Wi-Fi BUS ソリューション」を採用しました。当路線では、若いお客様が多く、スマートフォンをバスの中で利用するシーンが多く見受けられます。そのため、バス車内にWi-Fiがあることにより、快適な車両環境を実現することができました。

多くの自治体様や宿泊施設様、店舗様から問い合わせ頂いております。
こちらの事例について詳しく知りたい方は下記よりお問い合わせください。

お問い合わせ

関連する導入事例

  • JRバス関東株式会社

  • 株式会社ベストエスコート

  • 商都交通株式会社

  • 青木バス株式会社

  • 有限会社奥島観光

  • ビィー・トランセホールディングス株式会社